きらめ樹KAERU工房 基礎編 1

みなさま、おはこんにちばんは! スタッフ村民の健ちゃんと申します。

2011年 晴家村の発足当初から、ちょろりんぽんと顔を出して、開拓のお手伝いをしています。

2017年5月21日(日) 二十四節氣では小満になり、夏の気配を感じるような季節の中。

記念すべき第一回「建築ワークショップ」を開催させていただきました。

 

初回のワークショップに参加できなかった方にも、進行がわかりやすいようにレポートにまとめてみました。

まだまだ建築ワークははじまったばかりです。

このレポートを参考にして、ぜひぜひ今度のワークショップにご参加下さい☆彡

 

 

事の始まりは2016年の秋。晴家村の代表であるパラソル先生が譲り受けた、誰も住んでいなくて放置されていたプレハブ。

これを解体して、製材工房に利用できたらいいね!ということからはじまりました。

 

解体前のプレハブ

古民家の大家さんの今村さんや、高野さん達のおかげで綺麗にバラしていただきました。

躯体は鉄骨で、かなり頑丈そうです。

解体前のプレハブの基礎は、コンクリブロック2段でした。


 

解体した部材を、晴家村の製材工房建設予定地まで移送してありました。

なかなかスケジュールが合わずに部材が置きっぱなしになっていましたが、

それがこの度、晴れてめでたく着工できることになった訳です!!

製材工房の建設予定地

記念すべき第一回「建築ワークショップ」の講師を務めていただくのは、平沼広行様。
ニックネームはその名も「組長」ですw

 

 

 <プロフィール>

神奈川県茅ヶ崎市で平沼組と言う会社の代表で、神奈川県を中心に住宅の基礎工事をしています。

1970年5月生まれ、2歳と5歳の二児のパパ、建築業界に25年以上携わっています。

 

建物を作るにあたり、1番重要な土台になる基礎、地味で目立たないところですが、1番大切な部分です。

物事や人生においても、その基礎になる部分が、しっかりとしていないと、どんな上物が建っても、不安定で歪みや不具合が必ず出てきます。

その基礎的なことをしっかりと築き上げることができれば、あとは、決して難しくありません!

全ては、紙とえんぴつがあれば、形にすることができます。

大切なのは、こんなものを作りたいと言うイメージで、想像力です。

建物を建てると言うことは、決して難しいことではありません。

昔は、町内で、近所で、協力しながら、家を作っていました。

誰にでもできます!

ただ、そのやり方を知ってるか、知らないかだけです。

そのシンプルで、単純なことを、皆様にお伝えしたい、それが、建物だけではなく、人生を築き上げる上でも基礎に繋がると思います。

 

一緒に、頭の中にあるイメージを形にしていきましょう!

 

 

プレハブの大きさは長手9410mm × 短手4800mm

この大きさの鉄骨が乗るように、基礎となるコンクリートブロックを積んでいきますよ~。

地面は平らではないので、適当にブロックを並べてその上に建物を乗っけても、

グラグラ傾いてしまいます。

人間も体の歪みがあると、体のいたるところに負担がでてきます。

それは建物にも言える事で、傾きのないガッチリとした基礎で体を支えてあげることが、何よりも大事です。

そこでまずはコンクリートブロックの基礎を並べる基準をつくらなくてはなりません。

 

今回作業する「水盛り・遣り方」(みずもり・やりかた)とは 、工事を着手する前に 建物の正確な位置を出す作業のことで、

別名、丁張り(ちょうはり)とも言います。

 手始めに大きな直角三角形をつくります。

今回はメジャーを使って3m×4m×5mの直角三角形をつくりました。

メジャーの目盛りの0m(12m) ・4m ・7m を角にして、ペグを打っておきます。

さてここからは数学の時間になってしまうのですが、なぜ 辺の長さが3×4×5の三角形 は、
なぜ直角三角形になるのかといいますと、中学校で習った「三平方の定理」が役にたつわけです。

今から2500年ぐらい前に活躍した「ピタゴラス」っていう数学者が発見した、
別名「ピタゴラスの定理」とも呼ばれてるやつです。

 

 

 

「直角三角形の斜辺の2乗は、直角をはさむ辺を2乗して足したものと等しい」

[3の二乗=9] +  [4の二乗=16]   =   [5の二乗=25]になるので、

3×4×5(さしご)は、直角三角形の辺の長さが整数になる、建築などでとても扱いやすい大きさなのです。

さてさて、てなわけで直角三角形ができましたので、この三角形の辺に沿ってメジャーを伸ばしていき、
建物の角になる地点にペグを打っておきます。

長手は直角三角形の4mを延長して9410mm

短手は3mを延長して4800mm

これで建物の4角が出ました。


 

 

ではではメジャーも巻き終わったところで、建物の4角になる箇所に打ったペグの周りに、下図のようなものを設営していきます。

まずは掛矢で水杭を打ち込みます。

 

地面が硬くてなかなか骨の折れる作業です。


丸ノコで水杭を作っている様子。

器械を触ったことがない方も、このワークショップでは講師陣が丁寧に教えてくれますので、DIYなどを始めたい人は経験値あがりますよ~!

作業用にウマがあると便利ですね。


 

 

次に水杭に、基準となる水平線をマークしていきます。

さてどうやって水平線を出すのかといいますと、一般の現場ではレーザーを使った機械を用いて計測しているようなのですが、なんだかとても高そうです。

そこでバケツとホームセンターで80円/m のチューブだけでできる、古典的な手法をとりました。

 

バケツに水を張ってチューブの片方の先端をバケツの中に浸しておきます。

すると「サイフォンの原理」(でいいのかな?)のおかげで、

もう片方のチューブの先端の水は、先端の口を上向きにしておくと、

チューブをどこに移動しても、常にバケツの水面と同じ高さであろうとします。

不思議ですね~!

(※作業中の写真がなかったので、ここからところどころ、webから拝借したイメージ画像が入ります)


 

水杭にマーキングした線に沿って、水糸を張っていきます。

水糸をはじいて、ズレがないかを確認しておきます。


 

 

水糸に合わせて、水貫を打ち付けます。

糸の下合わせだったら、4角を全部下合わせにしておくように注意。

 

 

 

グラグラしないように筋交い貫を入れます。




段々と基準となる丁張ができてきましたね~。
ちょいと休憩。



いよいよコンクリートブロックを積む線を出していきますよ。

下図の水糸が交わったところが建物の角です。

この水糸は建物の大きさにピッタリあってなくてはいけない、非常に重要な箇所です。

(※イメージ図)

 

 

水糸の長さをメジャーで計測しながら、建物の寸法にきっちり合わせます。

三角形の斜辺の長さは、またまた登場の「三平方の定理」で出します。

 

 

斜辺の部分にメジャーをあてて、長さが違うようだったら、歪んだ長方形になっているということです。

これを両方の対角線が同じ長さになるように、調整をかけていきます。

 

 

 

 

水糸もきっちり出たところで、早速ブロックを積むための溝を掘り始めたのですが、、、

 

 

 

 

地面が硬くてどうにもこうにも、なかなか作業が進みません。。。


 

 

 

スコップで手掘りしていたら氣が遠くなりそうなので、今回の作業はここまで~。

次回はユンボを入れて溝を掘り、砕石をいれてブロックを積む作業に入ります。

お楽しみに~!!