晴家ファーム


「未来の宝」である子供たちのために、晴家では今後 「農業と食の問題」を真剣に考え、晴家村の農地での自然農法、無農薬農業への取り組みを行う計画です。
まずは、現在ある農地(3筆 計1.751㎡)の整備を進めます。


自然農法の実践


晴家村では自然農法家、福岡正信先生(享年95歳)の提唱する「粘土団子」による自然農法を実践して行きます。

様々な野菜や果樹の種を粘土団子にして蒔くのです。

 

これは、「耕さない」「肥料をやらない」「農薬を使わない」という画期的な農法です。

私たち晴家村では「未来の子供たちのために」安全、安心な作物の自給を目指します。

 


2014年 晴家村は農業元年!


2014年、晴家村は農業元年と題して「粘土団子」による自然農園づくりに挑戦します!


自然農園予定地