ホタルの保存活動


 身延町は豊かな自然に恵まれています。

 特に、現地近隣の身延町一色村 (現在一色村にある敷地を確認中) は、東日本最大といわれるゲンジボタルの自然繁殖地であり、毎年5月末~6月末の期間には全国から多くの人がホタルを見に集まります。ホタルは自然を守る上での一つの指針であり、ホタルが住めるような 綺麗な水 と 森 に恵まれた自然を未来に残すことが、私たちの義務であり使命であると考えます。晴家は、このホタルを シンボル として活動を展開しています。

 

2011年から毎年6月に「蛍灯夜祭」というホタル観賞祭りを開催しています。

2013年には、「第3回蛍灯夜祭」として初めて様々なアーティストさんや一般のお客様をご招待して、演奏やパフォーマンスを楽しみました。

また、夜にはみんなで山梨交通さんのマイクロバスに乗りホタル観賞に行きました。


 さらに、今後はホタルの繁殖を学び、被災地や都会の幼稚園や小学校、老人介護施設へホタルをプレゼントし、自然の素晴らしさ、この光を守っていく大切さ、を学んでもらうボランティア活動を企画中です。
 

身延町一色のホタル